2012年10月20日

レイチェル・カーソン

初めて聞く名前の人だったが、この人についての講座があるというので、区内の大学まで出かけていった。
きっかけはnoriの生涯大学の出席数確保のためだが、結果的に言ってよかった。
知らない人だったが、現在にも通じる活動を本の中でした人だ。本来は生物学者で、自然のことを書いていた人だが、あまりにも化学物質が自然を痛めつけているということを告発した本「沈黙の春」で訴えた。資本社会からはかなり厳しく糾弾されたようだが、時の大統領ケネディはそれを受けて、検討委員会のようなものを立ち上げ、結果、DDTの禁止を決めた。
でもこのDDT、私が子供の頃にはシラミ退治ということで、頭に直接振りかけられていた。
posted by jun at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59401699
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック